■主な布地の特徴と洗濯方法及びシミ処理方法■

. 長所 短所 洗濯方法
綿(cotton) 肌触りがよい、耐久性、
洗濯に強い

縮み、しわ
日光による黄ばみ
乾燥機の使用には注意
洗濯機
(ネットおすすめ)
コンパクト洗剤使用
麻(linen) 耐久性
日光に強い
縮み、しわ
洗濯機
(ネットおすすめ)
コンパクト洗剤使用
絹(silk)
しなやかな手触り、
光沢の美しさ、吸湿性
夏の下着によい

手洗い
中性洗剤使用
ポリエステル
(polyester)

しわになりにくい、
摩擦に強い、弾力性
日光に強い、速乾性
帯電性、吸湿しない
洗濯機
コンパクト洗剤使用

コーヒー、ティー、お茶

汚れた部分が乾く前に、熱い湯で拭き取ります。お湯をしみこませ、
汚れた部分をもみ洗いします。色素が含んでいる場合放置していると
シミの原因となるので要注意。シミができてしまったら、液体洗剤をふくませた布で
とんとんと軽くたたいて拭き取り、酸素系漂白剤を入れて洗ってください。
漂白の際に一緒に入れる洗剤は、弱アルカリ洗剤を使うと良いです。

油脂

汚れたリネンの下に布(きれいなもの)か吸取紙を敷き、
ベンジンまたはエタノールで軽くたたき、拭き取ってから
酸素系漂白剤を入れて洗ってください。
ただし色落ちを防ぐため、塩素系漂白剤は使わないでください
漂白の際に一緒に入れる洗剤ですが、弱アルカリ洗剤
を使うとよいです。
インク まずインクの種類を確認。油性除去剤(ベンジンなど)
で軽くとんとんとたたきながら取ってください。
ワイン 汚れた部分が乾く前に、水で洗いながしてください
汚れが残るようでしたら急ぎ通常通りの洗濯にて取り除きます。
血液 乾かないうちに水で洗いながします。ちょっとついてしまい、
急ぎ対処したいという場合は、コットン(ハンカチなど)に
だ液を含ませ、汚れたスポットにしみこませて除去とします。
絵の具、ペンキ、塗料 水性の場合:余分な汚れを拭き取り、冷たい水を含ませたスポンジで
拭き取ります。もちろんベンジンやエタノールを使ってOK.
油性の場合:余分な汚れを拭き取り、ペンキ希薄剤叉は専用剤にて洗って下さい。
                                 *コンパクト洗剤=市販アリエールなど *中性洗剤=アクロン、モノゲンなど

   トップへ