西馬音内盆踊り
毎年8月16〜18日に行われる秋田県雄勝郡羽後町の西馬音内地区の盆踊りです。
車では、東北道を北上ICで秋田道に入り、横手ICで支線に入り、終点の湯沢で降ります。
湯沢からは、一般道を10分ほど走りますと羽後町です。千葉からは、700キロくらいでしょうか。
走行時間は7時間くらいでした。
今回は、運転をできるものが一人でしたので、ちょっとしんどいので、旅行会社のバスツアーに参加しての見学でした。席が多少窮屈で、腰が痛くなりましたが、まあー往復運転するよりはずっと楽でした。
この年、東北地方は、前線が停滞して、雨がちだったのですが、訪れた16日も雨が心配されましたが、開催時間中の午後7時〜11時頃は降り出すことなく幸いでした。
羽後町はほんとにしなびた小さな農村です。
町の中央を西馬音内川が流れ、昔はここから米を運搬していたのでしょうか。
近くに、かまくらで有名な横手がありますので、ここも冬は大変な豪雪地帯なのでしょう。
こうした、厳しい自然と辛い農作業を慰めるべく、ここには多くの民俗芸能、民俗行事がつたえられてきているそうです。盆踊りは、そのなかでも大きな行事です。

ここの盆踊りは700年の歴史を持ち、いまでは国指定重要無形民俗文化財になっています。
盆踊りは豊年祈願、盆供養のため全国各地で行われてきた伝統行事で、日頃の農作業の辛さを忘れ、踊り三昧で過ごすお祭りです。
いまは、町興しのショウ、イベント的な要素がおおきくなっていますが、ここもその例にもれず、町をあげてちからを入れたのが功をそうして、いまでは、各地から見物客が、訪れるようになり、1日3万人ほどの見物客で賑わいます。
この賑わいを招いた西馬音内の盆踊りの特徴はその衣装にあります。
1.端縫い衣装
5種前後のあでやかな絹布端裂を左右シンメトリーに縫い合わせた着物です。
踊り上手と自他共に認められた人が本来付けたといわれています。
この衣装をつけたときは、編み笠をかぶります。
腰には、赤や黄色のあでやかなしごきを巻き飾ります。
大勢の人々の目にふれる踊り衣装に、婦人たちが図柄、配色に工夫をこらし、競いあった苦心の様が偲ばれます。
祖母から母へ、そしてその子へと受け継がれてきたといいます。
端縫いは貧しさゆえの工夫ともいわれますが、先祖の着物をわざわざ切って縫い合わせるのは、間違いなく女達のひそやかな贅沢だったのにちがいありません。
2.彦三(ひこさ)頭巾
盆は本来盂蘭盆会といい、地獄におち、逆さ吊りの責め苦にあっている先祖を救うために行われ供養ですが、おそらく、全国でもあまりないと思われますが、すくわれて喜び踊る亡者がこの盆踊りには登場しています。
黒子のかぶる黒い頭巾に似た彦三(ひこさ)頭巾をかぶった踊り手です。
この衣装の謂れは、はっきりしませんが、攻め滅ぼされた城主をしのんだともいわれています。
この頭巾をかぶる踊り手は、衣装は藍染め絞りの浴衣をつけています。袖口は、左右ともに5cmほど赤の裏地をのぞかせます。藍染め浴衣に編み笠の組み合わせもあります。
この衣装で、男性も踊ります。男性は100人に1人ぐらいでしょうか。
昔は、男性ももっと参加していたに違いないと思いますが、今は圧倒的に女性上位になっています。

布屋ですので、布中心の紹介になってしまいましたが、上方風の優雅な踊りは、なかなか魅力的でした。前半の7〜9時頃までは、小さな子供達が大人達に混ざって、踊っていて、たいへんかわいかったです。
踊りに反して、お囃子は、たいへんにぎやかで、男性的でそのコントラストが面白かったです。

町の人の話では、端縫いの衣装を代々受け継ぐような踊り上手な人は、後半10時以降から参加するとのことでした。
ツアーの団体行動でしたので、10時20分ごろできりあげなければならなかったのが、残念でした。最後までみていたかったのに。
ついでに食べ物は蕎麦がうまいとのことでした。
機会がありましたら、ぜひ見物に訪れてみてください。
 藍染めと端縫いの衣装    

         

踊り風景
左は彦三頭巾に藍染め
浴衣の踊り手、右が編み
笠に端縫い衣装の踊り手
藍染め浴衣に編み笠の
踊り手
会場は、二車線の通り
2〜300mほどで、中央に
何箇所かかがり火を焚い
てそのまわりを楕円状に
ぐるっとまわりながら踊ります。
見物客は、道の両端でみます。
7〜9時頃までは小さな子供達も
混ざって踊っています。
9時以降大人達の世界になり、
盛りあがってきます。
この踊り手は数少ない
男性。 帯は男ものを
しめていました。
踊りは優雅で上方風。
反して、囃子はにぎ
やかで男性風

(秋田音頭風のものが
さかんに唄われていました。)
うなじと指先に女性のお
色気が。
会場は、男女の出会いの
場所でもあったというのも
頷けます。
これはおまけ。
役場に建てられている
素敵なブルージンーズ
の半裸の女性像。
センスのいい役場です。
お祭り会場入り口  お囃子衆

       

    トップへ