今千春 信楽焼・粉引作陶展
 木火窯(もくびかま)
平成14年〜毎年   於 アトリエトムギャラリー
作家略歴
新潟県長岡市 生
武蔵野美大卒業後 辻清明氏の下で信楽焼を修行
長岡市に木火窯を築窯  穴窯(薪の窯)で信楽焼を主に創作 
平成16年福島県平田村に登り窯を築窯
同年新潟地震により穴窯崩壊 平成18年再築
焼き締陶公募展入選・光風会入選・淡交ビエンナーレ茶道美術公募展家元賞受賞
長岡ギャラリー紺・渋谷黒田陶苑・伊勢丹本店・渋谷東急本店・銀座松屋・阪急梅田本店などで個展開催      書・茶道にも精通する粋人。

       作品の画像をクリックすると大きな画像がでます。
穴窯 腰をかがめて入れる程の高さ。
信楽焼きの作品は7日間薪を焚きつづける。
もちろん昼夜ぶっとおしのハードな作業である。
穴窯の内部は煤だらけのイメージ
をもつが、釉がかかりてかてかの状態である
 信楽自然釉耳付水指
見所の自然釉が見事に発色している。
このようにブルーグレーの色合は
なかなかでないそうです。
信楽水指
ダイナミックな信楽焼の迫力が迫って
くる
作品。
H15作品

信楽花入れ
全体に灰をかぶり独特のカセた表情に
なっている。 これを”灰かぶり”といい、
見所の一つ。 もう一つの見所とされる
蜻蛉の目は、釉がたまって盛り上がった
もの

H15作品
信楽茶碗
独特の火色と男性的なフォルムが見所。

ぶつぶつと見えるのは、土のなかにある
長石の白い小石がはぜたもの。石はぜと
いい見所の一つ。
H16作品 
信楽壷
自然釉が見事に流れ出している。

H16作品
刷毛目壷
H17作品
粉引花入れ
登り窯で焼いたもの。
H18作品
灰釉茶碗
H18作品
粉引き手付注器
H18作品
2色深鉢
H18作品
粉引花器
H18作品
2色大皿
H18作品
粉引花器
H19作品
金彩大皿
H19作品
   
水指
 H29作品
花器
 H29作品



     トップへ戻る